金沢市の矯正専門医院、金沢けんろく矯正歯科【インビザラインもお任せ】

石川県金沢市の山側環状線からアクセス便利な矯正歯科専門医院

ホームブログ ≫ 矯正歯科の治療期間ってなんで長いの? ≫

矯正歯科の治療期間ってなんで長いの?

治療期間

こんにちは、金沢けんろく矯正歯科 院長のまだちです。
今回は、初診相談で最も多いといっても過言ではないみなさまの疑問「治療期間はどれくらいなのか?」について大まかな流れを軸に解説していきます。
大人の歯並びの治療とこどもの歯並びの治療のそれぞれについてご説明していきますので、ぜひみなさまの中で整理していただければ幸いです。

この記事を読むことで「成人や子供の矯正治療の全体の流れ」がわかります。(所要時間約3分)。

目次

矯正治療の治療期間

中高生・成人の矯正歯科治療の治療期間

すべて永久歯に生え代わっている場合は、歯並び全体を整える本格的な矯正治療になります。
専門用語では「第二期(矯正)治療」と呼んだりもします。

第二期矯正の治療期間

歯を抜く抜かないで差はありますが治療期間はおおよそ1年半~3年程度です(歯を抜く場合の方が治療期間は長くなります)。この治療期間中は基本的に一か月に一度の来院が必要です。
そして治療が終了した後は、キレイな状態をキープするための「保定」が最低2年間は必要です(保定はとても大事)。この保定期間は3~6か月に一度の通院が必要です。

このように治療期間と保定期間を合わせるとトータルで3~5年程度を想定しておいたほうがいいでしょう。3~5年と聞くと長いなぁとネガティブな気持ちになるかもしれませんが、治療と保定では通院頻度が違うので意外と煩わしく感じない方が大半ですよ。

治療期間に影響する要因は?

上述した治療期間はあくまでも目安です。歯を抜く場合でも短い治療期間で済む場合もあります。

上下の顎の位置関係が大きくずれている場合は治療期間が長くなりがちです。また、むし歯や歯周病があったり、治療中に発症した場合は治療中断や装置を一時的に外したりと治療期間の延長に繋がります。
また、前歯だけ治療対象とする部分矯正は早く治療が終わりますが、治療を早く済ませたいから・治療費を安く済ませたいから、という安易な理由で部分矯正を選択してはいけません。気になる部分が治らなかったり、他にゆがみが生じて気になってしまったりと、逆に遠回りな治療となってしまいいたずらに治療期間が延びてしまうかもしれません。

こどもの矯正歯科治療について

お子さまの矯正治療は大きく2段階に分かれます。
6歳前後~8歳くらいまでに始める「第一期治療」、そして大人の歯並びになった段階で行う先程の「第二期治療」です。第一期治療と第二期治療は内容が大きく変わり、治療期間も異なります。
ちなみに第一期治療か第二期治療かの判断基準は「大人の歯への生え代わり」なので、生え代わりが早い子だと12歳で大人の歯並びになるので、こどもではあるけれど第二期治療の対象となります。

第一期治療について

大人の前歯が出てきてからの治療で、早いと6歳前後から治療が始まります。この時期は身体だけではなく顎の骨も成長しますので、その成長を利用して顎や咬み合わせのバランスを整えます。大事なことは、今後の成長も考慮しつつ成長を利用して永久歯がいい位置に生えるよう導くことです。だからこそ、専門的見地と成長を見越した治療経験が豊富な矯正専門医で第一期治療を行うことが大切なのです。
安易な「顎を広げましょう~」ではいけません。

永久歯が生えそろう前の段階で治療をすることで、第二期治療が必要なくなったり、第二期治療が必要になっても治療期間が短くて済んだり、などメリットがたくさんあるのです。ただし、8歳後半以降に治療を開始しようとしても第一期治療のメリットが活かせず第二期治療が必要になってしまうことが多いのです。ですから、治療のタイミングはいつ?という質問に対して「気になったら早めに相談しましょう」という回答が多いわけですね。

第一期治療の治療期間

目安としておおよそ1年半です。矯正治療は長期間の治療というイメージが強いためか、こうお伝えすると驚かれる方が多いのですが、治療自体は1年半でほぼ完了します。ただし、生え代わりや成長があるため、大人の歯に生え代わるまで治療後は3か月~6か月の間隔で経過を見守らせていただく必要があります

中にはずっと装置を使用したまま半強制的に第二期治療を移行的に始める歯科医院もありますが、当院の場合はお子さまのご負担も考えて、一旦装置を完全に撤去する期間を設けています。ただし、治療開始時期が遅くどうしても移行的になってしまう場合は、あらかじめ説明させていただきますので、あれよあれよと強制的に第二期治療がはじまることはありませんのでご安心ください。

お子さまの歯並びは気になるけど、治療のタイミングがよくわからないという場合は、まずは小学校1年生になったら矯正専門医に一度ご相談に来ていただくことをお勧めします。

改めて第二期治療について

早いお子さまだと小学校6年生くらい、多くは中学生くらいに永久歯が生えそろった段階で行う矯正治療を「第二期治療」と呼びます
成人の矯正治療と全く同じ治療内容となり、歯を動かして歯並びを整えていきます。基本的には取り外しのできる装置で顎を広げるような治療は行いません。ちなみに、中高生では骨の代謝が活発なので成人と比較すると歯の動きがよく、治療期間が短縮することが多いです。

まとめ

矯正歯科治療は、何歳でも治療は可能です。もちろん高齢の場合は制限が出てきたりはしますが、歯並びを良くしたいと思われたらまずご相談にお越しください。そして初診相談で思いの丈をお話しいただければ、どんな治療方法で、どれくらい治療期間が必要か、だいたいの目安を聞くことができます。

特に、お子さまの矯正歯科治療はメリットがとても多いのでしっかりとした医院で治療を受けていただきたいものです。確かに高額な治療で躊躇してしまうかもしれませんが、私たちは「矯正治療はお子さまにとっては何にも代えがたい最高のプレゼント」と考えています。ぜひ私たちにそのプレゼントのお手伝いをさせていただければ幸いです。当院は、お子さまの健やかな成長を親御さまと共に見守ります。

石川県金沢市で小児矯正歯科治療・成人矯正歯科治療なら金沢けんろく矯正歯科へ。日本矯正歯科学会認定医による安心治療。女性認定医も在籍。舌側矯正やインビザラインのよるマウスピース型矯正もお任せください。山側環状線からアクセス便利で金沢市だけではなく、小松市・白山市・野々市市・津幡市・かほく市からもアクセスのよい環境です。

2021年10月11日 20:58

アクセス

お車 山側環状(金沢外環状道路)の信号「田上小学校口」から田上小学校方面へ曲がり、イエローハットを過ぎてすぐの十字路を右折
バス 金沢駅東口バスのりばから「13・14」医王山線もしくは「95」北陸大学線に乗り、「山環田上」バス停下車後、徒歩3分
医院名 金沢けんろく矯正歯科
住所 920-1156 石川県金沢市田上の里1丁目106番地1
電話番号 076-225-8711
診療時間 月火水金土 10:00〜13:00/15:00〜19:00
日曜 9:00〜12:00/13:00〜17:00
休診日  木曜・祝日
月に1〜2回日曜診療あり、翌日月曜は振替休診
診療内容 小児・中高生・成人の矯正治療
表側・舌側(裏側)・マウスピース型(インビザライン)など各種装置
アクセス 石川県金沢市もりの里・田上エリアにあり、山側環状線からアクセス便利。金沢大学角間キャンパスに近く、イオンもりの里ショッピングセンターやニトリ、ユニクロなど多くのランドマークがあります。金沢の山側環状線を利用すれば金沢だけではなく白山市や野々市市、卯辰トンネル以北の津幡市やかほく市からもアクセス良好です。