金沢市の矯正専門医院、金沢けんろく矯正歯科【インビザラインもお任せ】

石川県金沢市の山側環状線からアクセス便利な矯正歯科専門医院

ホームブログ ≫ 治療事例「上下のかみ合わせが逆が気になる」8歳女児 ≫

治療事例「上下のかみ合わせが逆が気になる」8歳女児

下顎前突8歳女児

こんにちは。
院長の眞舘です。
今回から不定期で当院で実際に治療を受けられた患者さまの治療事例をご報告していきます。

「下顎前突(反対咬合)をワイヤー矯正で治したケース」

目次

相談内容

前歯のかみ合わせが逆なことを主訴に来院されました。

診断結果・治療内容

前歯のかみ合わせが逆であることだけが問題で、奥歯のかみ合わせは問題ありませんでした。下顎前突の治療で使用する装置には、複数の選択肢がありますが、今回は確実に早期に治すことを目的として表側のワイヤー装置を使用することにしました。ちなみにワイヤー矯正といっても当院では金属のボタン(ブラケット)は使用しませんし、一気治療ではすべての歯にブラケットはつけません。

治療前後を動画で見る

今回の治療事例のポイント
・ 「顎間ゴム」という自分で取り外しする輪ゴムの使用が重要です(お子様でも簡単に付け外し可能なもの)。
・ 舌のトレーニングが重要です。舌のトレーニングが十分でないとせっかく反対咬合を治しても再発が早くなってしまう恐れがあります。

まとめ・現在の様子

  • 治療事例:8歳女児
  • 主訴:上下のかみ合わせが逆
  • 使用した装置:表側のワイヤー矯正
  • 治療費:約40万
  • 治療期間:5か月
  • 注意すべきポイント:骨格的要因が強い場合、成長に伴って反対咬合が再発することがあります

しばらくは乳歯から永久歯への生え変わりを経過観察していきます。中間の乳歯が生え変わる間、ずっと装置をつけていると装置をつける期間が5年にも6年にもなってしまいます。そんなに長くなってしまっては、せっかく頑張ってくれたお子様のモチベーションも低下しますし、虫歯になるリスクもあります。そのため中間の乳歯が生え変わる間は「歯を動かすための装置」は使わず、きれいに並べた歯を維持するための「保定装置」のみを使用してもらいます。生え変わりにより多少デコボコが生じることはありますが、「もしそのデコボコが気になるようであれば」第二期治療にて仕上げの治療として治します。

金沢けんろく矯正歯科について

当院は、日本で最も歴史のある日本矯正歯科学会の認定医である院長と、同じく認定医の副院長(女性)が治療を行います。従来の表側矯正だけではなく、舌側矯正(裏側矯正)やマウスピース矯正も経験豊富です。小児矯正ではインビザラインによるマウスピース型矯正も多く手掛けております。山側環状線からアクセス便利ですから金沢市だけではなく、小松市・白山市・野々市市・津幡市・かほく市からも患者さまが通院してくださっています。何かお困りごとがございましたら是非当院に一度ご相談にいらしてください。

2022年11月04日 00:00

アクセス

お車 山側環状(金沢外環状道路)の信号「田上小学校口」から田上小学校方面へ曲がり、イエローハットを過ぎてすぐの十字路を右折。駐車台数14台(第二駐車場含む)
バス 金沢駅東口バスのりばから「13・14」医王山線もしくは「95」北陸大学線に乗り、「山環田上」バス停下車後、徒歩3分
医院名 金沢けんろく矯正歯科
住所 920-1156 石川県金沢市田上の里1丁目106番地1
電話番号 076-225-8711
診療時間 月火水金土 10:00〜13:00/15:00〜19:00
日曜 9:00〜12:00/13:00〜17:00
休診日  木曜・祝日
月に1〜2回日曜診療あり、翌日月曜は振替休診
診療内容 小児・中高生・成人の矯正治療
表側・舌側(裏側)・マウスピース型(インビザライン)など各種装置
アクセス 石川県金沢市もりの里・田上エリアにあり、山側環状線からアクセス便利。金沢大学角間キャンパスに近く、イオンもりの里ショッピングセンターやニトリ、ユニクロなど多くのランドマークがあります。金沢の山側環状線を利用すれば金沢だけではなく白山市や野々市市、卯辰トンネル以北の津幡市やかほく市からもアクセス良好です。