金沢市の矯正専門医院、金沢けんろく矯正歯科【インビザラインもお任せ】

石川県金沢市の山側環状線からアクセス便利な矯正歯科専門医院

ホームブログ ≫ こどもの矯正治療から大人の矯正治療へ ≫

こどもの矯正治療から大人の矯正治療へ

一期治療と二期治療の関係

こんにちは、金沢けんろく矯正歯科 院長のまだちです。
小児矯正についての続きです。前回はこどもの矯正治療の目的について解説しました。
前回でこどもの矯正治療が大切なのはわかったけど、こどもの矯正治療をしたら矯正治療はおしまいなのかな?という疑問が出てきたかもしれません。それについてお答えします。

この記事を読むことで「こどもの矯正治療と大人の矯正治療の関係」がわかります。(所要時間約3分)。

目次

こどもの矯正治療で全ては終わらない

小児矯正はいい歯並びへの架け橋です

これまでずっと先を見越した治療が必要だと言い続けてきましたが、こどもの矯正治療をがんばっても大人の歯並びの治療が必要なことは多くあります
こどもの矯正治療といえど、治療対象となる歯は「すでに生えている永久歯」であり基本的には乳歯を積極的には動かしません。なぜなら、乳歯を積極的に動かしても後に控えている永久歯が全く同じようについてきてくれるわけではなく、完全にコントロールできないからです。

こどもの矯正治療では前歯と6歳臼歯を対象として治療を行い、その後に生えてくる犬歯~小臼歯は手を付けないことが多いです。これらの歯が全て生えて揃うには時間が年単位でかかるため、治療対象に含めると装置を付けている期間が非常に長くなってしまうからです。さすがにずっと装置を付けているのは嫌気がさしてきますよね。普通は、目的を達成した時点でいったん装置を撤去し(保定装置は別)、はえ変わりを見守ります。

100点を目指して?

こどもの矯正治療をやってから大人の矯正治療もする意義

上図のように、こどもの矯正治療でひとまず合格点の状態まで持っていきます。その後の歯の生え変わりにもよりますが、大人の矯正治療をすることでその人それぞれに合ったばっちりな噛み合わせにすることができます。もちろん、人によっては合格点のかみ合わせでも十分と考える方もいるので、必要性があればよくご説明しますが当院では強制的に大人の矯正治療を行うことはありません。

こどもの矯正治療を正しく行えば大人の矯正治療が必要なくなったり、やるにしても歯を抜かなくて済む可能性が高くなります。ただし、どうしても顎と歯の大きさの不調和が大きい場合や、成長次第で上下の顎骨のずれが大きくなる場合では、大人の歯並びになる際に再びガタガタになったり、出っ歯や受け口になってしまうことがあります。
こればっかりは検査して、成長予測をしてみないとわかりませんので、早めの受診をお勧めいたします。
ただし、矯正歯科の専門的見地が必要なことはもちろんですが、できるだけ正確な成長予測ができないと治療そのものが行き当たりばったりになりかねませんから矯正歯科の医院選びは慎重に行ってください。

石川県金沢市で小児矯正・成人矯正歯科治療なら金沢けんろく矯正歯科へ。舌側矯正やインビザラインのよるマウスピース型矯正もお任せください。

2021年07月21日 21:14

アクセス

お車 山側環状(金沢外環状道路)の信号「田上小学校口」から田上小学校方面へ曲がり、イエローハットを過ぎてすぐの十字路を右折
バス 金沢駅東口バスのりばから「13・14」医王山線もしくは「95」北陸大学線に乗り、「山環田上」バス停下車後、徒歩3分
医院名 金沢けんろく矯正歯科
住所 920-1156 石川県金沢市田上の里1丁目106番地1
電話番号 076-225-8711
診療時間 月火水金土 10:00〜13:00/15:00〜19:00
日曜 9:00〜12:00/13:00〜17:00
休診日  木曜・祝日
月に1〜2回日曜診療あり、翌日月曜は振替休診
診療内容 小児・中高生・成人の矯正治療
表側・舌側(裏側)・マウスピース型(インビザライン)など各種装置
アクセス 石川県金沢市もりの里・田上エリアにあり、山側環状線からアクセス便利。金沢大学角間キャンパスに近く、イオンもりの里ショッピングセンターやニトリ、ユニクロなど多くのランドマークがあります。金沢の山側環状線を利用すれば金沢だけではなく白山市や野々市市、卯辰トンネル以北の津幡市やかほく市からもアクセス良好です。