金沢市の矯正専門医院、金沢けんろく矯正歯科【インビザラインもお任せ】

石川県金沢市の山側環状線からアクセス便利な矯正歯科専門医院

ホームブログ ≫ 最近こどもの爪切ってない?!ちょっと待った! ≫

最近こどもの爪切ってない?!ちょっと待った!

爪噛みは歯並びに悪影響

こんにちは、金沢けんろく矯正歯科 院長のまだちです。

先回お話しした歯並びを悪くする悪習癖のひとつ、爪を噛む癖についてお話ししようと思います。
子供の指しゃぶりはないけど爪は噛む、というお悩みをお持ちの親御さまもいるかもしれませんね。

この記事を読むことで「爪を噛む癖と歯並びの関係」がわかります。ぜひお友達にも教えてあげてください(所要時間約3分)。
 

爪を噛む癖は歯並びに悪影響

爪を噛む癖はおよそ3歳頃から始まります。学童期に多くなり、その原因は心理的な要因で生じると考えられています。
爪を噛んだり鉛筆を噛んでいるお子さまは意外と多いのではないでしょうか。 そのまま見過ごしてはいけませんよ。

<続けてしまった場合に歯並びにどういう悪影響があるか>

  • ①負担を受けた歯の歯茎が下がる咬合性外傷
  • ②上下の歯が噛み合わない開咬
  • ③左右の前歯がでこぼこになる叢生

これらになる可能性があります。 特に①は確実に生じる悪影響で、一度下がってしまった歯茎はなかなか元には戻りません。1本だけがロバのような細長い歯に見えてしまいます。さらに悪くなると、歯の根っこ自体が短くなってしまい歯が長持ちしにくくなる可能性があります

止め時を決めて歯並びが悪くなることを予防しよう

<止める方法>

  • ①意識付け

    問題となってくる年齢ではお子様も言葉が理解できる頃だと思います。指しゃぶりと同様少しずつでいいので根気強く説明します。経験上、上記のような根っこが短くなって歯が長持ちしなくなることや、細長い歯になって目立ってしまうことを簡易に説明すると、このままじゃダメなんだなと理解して意外とすんなりやめてくれることが多いです。

  • ②機能訓練のために装置を入れて物理的に爪噛みをしにくいようにする

    これもやはりある程度の効果は得られます。ただ、最終手段に近く上記良くないかみ合わせの②や③を認めた場合に踏み込むと行った流れです。

<咬合性外傷・開咬や叢生になっていたら>

指しゃぶり同様、矯正治療で治すしかありません。使用する装置は、その時の状況によって変わってきます。
心当たりがある方は、お気軽に相談にいらしてくださいね。
当院はお子様の健やかなお口の発育をサポートします。

金沢けんろく矯正歯科は石川県金沢市にあるこども・大人の矯正歯科治療を得意とする矯正歯科専門の歯科医院です。日本矯正歯科学会認定医による安心治療をご提供いたします。山側環状線からアクセス便利で金沢市だけでなく、小松市・白山市・野々市市・津幡市・かほく市からもアクセスのよい環境です。生涯ご自身の歯で健康に過ごしていただきたいから、当院は矯正歯科治療の重要性を伝えています。

2021年04月18日 07:11

アクセス

お車 山側環状(金沢外環状道路)の信号「田上小学校口」から田上小学校方面へ曲がり、イエローハットを過ぎてすぐの十字路を右折
バス 金沢駅東口バスのりばから「13・14」医王山線もしくは「95」北陸大学線に乗り、「山環田上」バス停下車後、徒歩3分
医院名 金沢けんろく矯正歯科
住所 920-1156 石川県金沢市田上の里1丁目106番地1
電話番号 076-225-8711
診療時間 月火水金土 10:00〜13:00/15:00〜19:00
日曜 9:00〜12:00/13:00〜17:00
休診日  木曜・祝日
月に1〜2回日曜診療あり、翌日月曜は振替休診
診療内容 小児・中高生・成人の矯正治療
表側・舌側(裏側)・マウスピース型(インビザライン)など各種装置
アクセス 石川県金沢市もりの里・田上エリアにあり、山側環状線からアクセス便利。金沢大学角間キャンパスに近く、イオンもりの里ショッピングセンターやニトリ、ユニクロなど多くのランドマークがあります。金沢の山側環状線を利用すれば金沢だけではなく白山市や野々市市、卯辰トンネル以北の津幡市やかほく市からもアクセス良好です。